E-コマース

E-コマース

Amazon.com、短編電子書籍販売で購買層拡大を狙う

Tim Gray
2005年8月23日 / 13:00
 
オンライン小売大手の Amazon.com (NASDAQ:AMZN) は先ごろ、新たなデジタルコンテンツ サービスを開始した。内容は、人気ベストセラー作家の短編小説を、低価格でダウンロード販売するというものだ。

新サービスの名前は『Amazon Shorts』で、2000語から1万語程度の文学作品を販売する。価格はそれぞれ49セントで、Amazon.com の電子書籍販売ページで提供中だ。

これは、デジタルコンテンツを強化し、新たな購買客をサイトに引き付けるという Amazon.com の戦略を推し進める新たな取り組みだ。なお22日には、デジタル写真製品およびサービスを手がける Shutterfly と提携し、写真関連商品販売ページにおいて、Shutterfly のオンラインプリント注文サービスの優待提供や、共同ブランドサイトの運営も開始した。

Amazon.com の Digital Media 部門担当副社長 Steve Kessel 氏によれば、Amazon Shorts は、読者と作家双方の利益にかなうという。読者にしてみれば、過剰な時間と金銭を使わずに文学作品を読むことができる一方、作家にとっては、電子的にダウンロードしてもらう形式が、著作物を売り込む有効な手段になるかもしれないからだ。

Amazon.com がマーケティング色の強い電子書籍提供を行なうのは、これが初めてではない。同社は2000年、電子書籍技術会社 GlassBook (同年中に Adobe が買収) と提携し、Stephen King 氏の電子書籍『Riding the Bullet』を無料で提供したこともある。

Amazon Shorts の狙いは、前回と同じく価格の敷居を下げることにより、文学作品に触れる機会を増やすことだ。Amazon.com は発表の中で、著名な短編の一部が異なる改訂版や自伝もの、あるいは古典など、名だたる作家の作品を幅広く揃えたと述べた。

同社によれば、スムーズな読書体験を守るため、Amazon Shorts で提供する作品は、デジタル著作権管理ソフトウェアを用いることなく、ダウンロードしたり読めるようにしたという。
【関連記事】
KDDI と慶応大学、「EZ ナビウォーク」を中心とした協同研究
デジブックと ITC ネットワーク、au向け電子書籍サイトを開設
Amazon.com の第2四半期決算、アナリスト予想を上回る内容
Amazon.com、創立10周年を記念してイベント開催
Amazon.com、想定外の応答遅延発生か?

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites