E-コマース

E-コマース

IAC、Expedia を筆頭に旅行関連オンライン事業を別会社化

Colin C. Haley
2004年12月22日 / 00:00
 
IAC/InterActiveCorp (IAC) は21日、2005年に傘下の Expedia の下へ、ほかの旅行関連サイト群を1つにまとめて別会社化する計画を発表した。

独立する Expedia は、Expedia.com をはじめ、Hotels.com、Hotwire、TravelNow.com、TripAdvisor など14の米国内外旅行オンラインサービス事業を1つにまとめた形となる。IAC (NASDAQ:IACI) 会長兼 CEO の Barry Diller 氏は、Expedia の会長を兼任する。Expedia の CEO には、以前 IAC の社長兼 CEO になると発表のあった Dara Khosrowshahi 氏が就任する。

Diller 氏は株主に宛てた書簡の中で、「再編により、より大きな価値を生み出せると考えている。今回の計画は、完全に選択的なもので、取引によるものでも、内在する問題に起因するものでもない」と述べた。

Diller 氏はその後行なったアナリスト向け電話会見の中で、今回の分割が IAC と Expedia 双方に活力を与えるとし、さらに、ビジネスモデルを「単純明快」にすることは、従業員および投資家、そして競合あるいは協力関係にある他企業にとって重要と述べている。

分割後の IAC に残るオンライン事業は、Ticketmaster によるチケット販売、HSN.com などによる小売、LendingTree などによる金融サービス、Citysearch や Evite などによる地域情報、Match.com や uDate などの出会い系サイトといった分野をカバーすることになる。

今回発表した分割計画は、IAC 役員会の承認済みで、2005年第2四半期に完了する見通しだ。Diller 氏によると、傘下の旅行関連企業と他のオンライン資産の間で、36件の正式な契約関係を確立する必要があるという。
【関連記事】
SunGard、災害時リカバリサービス部門を別会社に
リクルート、「MO-ON」など取り扱う部門を分社して新会社設立
大日本スクリーン、デジタルコンテンツの開発・販売部門を分社化
US Airways、Expedia での航空券販売を打ち切り
Palm の名も本日まで、合併と分社に株主承認

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites