japan.internet.com
E-コマース2004年7月22日 00:00

Yahoo!ショッピング、8月から価格プランを変更

この記事のURLhttp://japan.internet.com/ecnews/20040722/5.html
著者:japan.internet.com 編集部
国内internet.com発の記事
ヤフー株式会社は2004年7月21日、8月よりインターネットショッピングサービス「Yahoo!ショッピング」で、ストア向けの各種サービスを刷新すると発表した。

出店にあたり最低限必要となる月額システム利用料や、売上に対して支払われるロイヤリティを値下げするほか、ストアの取扱品目数や売上高に合わせて出店プランを細分化することで、出店ストアの大幅増加を狙う。

今回用意されたプランは5つ。

登録可能商品数が500、契約期間が3か月の「おためしプラン」は、月額システム利用料が1万9,800円、ロイヤリティが3.0〜4.5%。商品数が1,500で6か月契約、システム利用料およびロイヤリティは「おためしプラン」と同じ「おためしプラン プラス」もある。

登録可能商品数が5,000、契約期間が6か月の「スタンダード シルバープラン」では、月額システム利用料が3万9,800円、ロイヤリティが0〜2.8%。

「スタンダード ゴールドプラン」は登録可能商品数が7,500で、契約期間はシルバープランと同じ6か月。月額システム利用料が7万9,800円、ロイヤリティが0〜2.8%。

「スタンダード プラチナプラン」は登録可能商品数が2万で6か月契約、月額システム利用料が19万9,800円、ロイヤリティが0〜2.8%。

同日より出店申込の受け付けを開始している。現在出店中のストアについても、2004年8月から新プランに移行する。

また、商品検索結果やカテゴリ内の商品一覧ページでは、従来「セレクトストア」が優先的に表示されていたが、8月より価格の安い順に表示するように変更する。

さらに、各ストアの魅力的な商品やおすすめの商品を掲載する広告枠を新設する。価格は5万円〜。
japan.internet.comのウエブサイトの内容は全て、国際法、日本国内法の定める著作権法並びに商標法の規定によって保護されており、その知的財産権、著作権、商標の所有者はインターネットコム株式会社、インターネットコム株式会社の関連会社または第三者にあたる権利者となっています。
本サイトの全てのコンテンツ、テキスト、グラフィック、写真、表、グラフ、音声、動画などに関して、その一部または全部を、japan.internet.comの許諾なしに、変更、複製、再出版、アップロード、掲示、転送、配布、さらには、社内LAN、メーリングリストなどにおいて共有することはできません。
ただし、コンテンツの著作権又は所有権情報を変更あるいは削除せず、利用者自身の個人的かつ非商業的な利用目的に限ってのみ、本サイトのコンテンツをプリント、ダウンロードすることは認められています。

Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.