E-コマース

E-コマース

ドットコム市場不振の渦中、drugstore.com が好決算

Carol King
2001年1月23日 / 00:00
 
オンライン薬局の drugstore.com は22日、2000年第4四半期の決算を 発表した。損失は予想より少なく、売上が95%増と好調だったものの、他のオンライン小売業者と同様の苦悩を抱えて いる可能性もある。

同社の発表によると、2000年第4四半期の純売上は3620万ドル。前年同期比95%以上の増となった。

総利益は520万ドル、前年同期は300万ドルの赤字だった。見積純損失は推定2860万ドルで1株あたりの損失は45セン ト。1株あたり55セントの損失と見ていたアナリストの予想を下回った。

「悲観的観測にもかかわらず第4四半期の売上と総利益が伸びた。これは、わが社が顧客に信頼され愛されていることを 証明するものだ。持続可能で質の高い成長をとげる状況にある」と、drugstore.com 社長兼 CEO の Peter Neupert 氏は言う。

だが、この決算発表の直前の19日、同社は125人の従業員を削減すると発表。2001年第1四半期の見通しについても、純 売上高が3000万〜3100万ドルにとどまり、損失が2500万〜2600万ドルになるとの予測を明らかにしている。

drugstore.com は2001年会計年度、純売上目標を1億3500万〜1億4500ドルとしたまま、全体的な運転経費をさらに 2000万ドル削減する計画だ。金利と税金の支払いおよび償却を除いた損失を8300万〜8800万ドルと予測。総利益は14〜 16%とに伸びるとみている。

2000万ドルの経費削減は、主にマーケティングと経営コストの節減、および20%の人員削減によって実行するという。

一方、同社は2000年第4四半期に25万7000人の顧客増があったこと、およびリピート顧客からの注文が同期間中に受け た全注文の62%を占めたことも発表している。

同期の注文1回あたりの売上は54ドル(前年同期:38ドル)。純損失 (無形固定資産の償却と株式ベースの報酬償却を除 く) は推定2860万ドル、1株あたり45セントだった。

2000年度全体の純利益は930万ドルで純売上の8.4%を記録。850万ドルの赤字とマイナス24.3%の純売上に苦しめられ た1999年度に比べると大幅に改善した。2000年度の純損失 (無形固定資産の償却と株式ベースの報酬償却を除く) は推 定1億4310万ドル、1株あたり2.64ドルだった。

2000年第4四半期終了時における同社の現金 (現金化が可能な資産および有価証券を含む) 保有高はおよそ1億3000万ド ル。第4四半期に使った現金は総額1720万ドルで、それ以前のどの四半期よりも大幅に改善されている。
【関連記事】
医薬品ネット販売の drugstore.com、第4四半期の業績は好調
Amazon.com、美容健康ストアを開設
Amazon.com、drugstore.com の株式を増加
drugstore.com、Beauty.comを買収
Drugstore.com、Glamour誌で39ページの特集広告

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites