japan.internet.com
E-コマース2000年8月30日 00:00

Women.com、 P&G と提携

この記事のURLhttp://japan.internet.com/ecnews/20000830/5.html
著者:Carol King
海外internet.com発の記事
Women.com Networks Inc は29日、家庭用品と消費者ブランドの大手 Procter & Gamble(P&G)と1500万ドルのマーケティング契約を交わし、新しいビジネス局面の「夜明 け」を発表した。

女性を対象に、アドバイス、コミュニティ、オンラインショッピングを提供している Women.com (NASDAQ:WOMN) は、Procter & Gamble (NYSE:PG) の ParentTime.com サイトを同社のウェブネットワークに組み込む。

Parentime.com は、幅広い育児情報を扱ったサイトだ。個人個人に合わせた情報をインタラクティブに提供することを目的につくられた。

Women.com の戦略的提携担当の Lillian Gilden 副社長は、同社は P&G のビューティケアとホームケアの事業部門のためのユニーク なマーケティングプログラムの開発も行うという。

The Yankee Group のシニアアナリスト、Emily Meehan 氏によると、より大きく、知名度 の高いインターネットプレイヤー間では、最近こういう提携パターンが増えているという。2社ともが勝者となるウィン ウィン 状態は Women.com にとっては非常に好ましいものとなるだろう、と分析する。

Meehan 氏は「今日のネットユーザーは同じサイトを何度も訪れる傾向がある。Women.com は、よりコストの低い、より効率的な方法で、 次世代のユーザーを獲得しようとしている。P&G の力を借りれば Women.com はそれが可能となり、マーケティングコストを削減すること ができる。何より、P&G を知らない人はまずいない。P&G は知名度が高く、消費者の信頼を勝ち得ている企業だ。インターネット上で知 られるようになったプレイヤーが次に欲しいものは、この消費者からの信頼だけだ。

この29日に発表される協定は、実は以前取り交わした提携を拡大したものだ。3年前、コンテンツのスポンサー、製品プロモーション、広 告などで女性を対象にした新しいマーケティング方法を開発するために両社は協力したという経緯がある。

Jupiter Communications によれば、2003年には女性がオンラインショッピングに費やす金額は410億ドルに上るという。

Gilden は、「われわれが共同で行なうマーケティング方法は、ユーザーの欲しいブランド、欲しい商品を深く理解することだ。われわれが 、これまでに莫大な数の女性オンラインユーザーを対象にしてきた経験を基にしている」と述べた。

japan.internet.comのウエブサイトの内容は全て、国際法、日本国内法の定める著作権法並びに商標法の規定によって保護されており、その知的財産権、著作権、商標の所有者はインターネットコム株式会社、インターネットコム株式会社の関連会社または第三者にあたる権利者となっています。
本サイトの全てのコンテンツ、テキスト、グラフィック、写真、表、グラフ、音声、動画などに関して、その一部または全部を、japan.internet.comの許諾なしに、変更、複製、再出版、アップロード、掲示、転送、配布、さらには、社内LAN、メーリングリストなどにおいて共有することはできません。
ただし、コンテンツの著作権又は所有権情報を変更あるいは削除せず、利用者自身の個人的かつ非商業的な利用目的に限ってのみ、本サイトのコンテンツをプリント、ダウンロードすることは認められています。

Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.