Linux 系―読むサプリ

Linux 系―読むサプリ

平野正信(ひらのまさのぶ)

OSDL アジア統括ディレクタ兼 Novell Asia Pacific Vice President。

1975年日本IBM入社。日経BP記者、アスキー取締役、ハイペリオン代表取締役などを経て、1998年からレッドハット代表取締役およびRed Hat Inc.のNorth Asia担当Vice President。2004年より現職。2006年5月より Novell Asia Pacific Vice President も兼務。著書に、「 大いなるコモディティ化への旅」(日経 BP クリエーティブ刊)がある。

mixi と2ちゃんねるに見る、未来の Web2.0 的仮想社会

Web2.0 はマトリックスのような、仮想的なインターネットの世界で作り上げるだろう。いや、そういった世界は、すでにできつつある。mixi や2ちゃんねるがその萌芽だ。
2006年6月1日 / 09:00

Web2.0 と Linux コモディティ

第二次世界大戦以降、約60年間以上をかけてゆっくりと成長してきた OS が、ついに、見直され始めるという大変な事態になった。このような事態を引き起こしたのは Web2.0 だ。
2006年4月20日 / 11:00

Web は 2.0 で人工知能化する

Web2.0 は、Web 自体が人工知能化するという表現がきわめて近い。Web自体、つまり、相手が複数の人間の集まりだと思えばいい。
2006年3月10日 / 14:20

Web2.0、3.0 への飛躍

今まで、企業ではホームページは作るけれども、それは業務アプリとは別個のものだった。ところが、企業の業務用システム、基幹システムのクライアントが全部、ブラウザベース、Web ベースになったらどうなるだろうか。
2006年2月3日 / 14:00

Linus と話がしたいのだけれど……

Linus に会いたい、会って話がしたい、あるいは Linus を呼んで講演会を開催したいのだが、という相談を受けることが多い。しかし、こういう依頼はまず実現しない。
2005年11月24日 / 09:00

ソフトウェアのコモディティ化は Linux で始まる

Linux がオープンソースとして広く普及したのは、技術が枯れているからだ。技術が枯れるのは大変重要なことで、そもそもコモディティ化の条件は技術がよい意味で枯れていることだ。
2005年10月14日 / 12:00

マイクロソフトの“後押し”で生まれた、OSDL の“Center of Gravity”

MS の CEO、Steve Ballmer は「オープンソースには“Center of Gravity”がない」と言った。「それでは OSDL に Linus を入れて、われわれが“Center of Gravity”になろう」と OSDL は考えた。
2005年9月9日 / 09:00

ソフトウェア特許は進歩を妨げる

ソフトウェア特許は50年100年先にはなくなるだろう。
2005年8月4日 / 09:00

ソフトウェアの進歩とは何か

ソフトウェアで進歩した部分はオープンソースという開発手法だ。
2005年7月7日 / 09:00

文化としての Linux

Linux 以前からフリーという思考を求める人たちが存在していた。Linux が登場してその求心力となり、たくさんの人を集め、文化を形成していった。
2005年6月2日 / 09:00

    

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites