マーケットからの伝言

マーケットからの伝言

間瀬博行(ませ ひろゆき)

複数の海外資本の金融機関で為替や株式などのディーラーを歴任後独立。現在一投資家として市場を見つめる。

休まない夏休み

「休みを使って仕事をする」という傾向が顕著な背景には、消費は根本的に回復しない、という長期のマイナス構図からくる不安がある。
2004年7月28日 / 00:00

好況の頂点ではどうなるか?

亡国の真っただ中にあるときは(株式市場は下落基調)、それ以前の社会の貞操観念を壊滅的に破壊する「踊り」が流行する、という傾向もあるようだ。
2004年5月10日 / 00:00

居住国を選ぶ

居住国としての日本の国際競争力が低下している。
2004年3月17日 / 00:00

「バカの壁」を読んで

一元論の衰退の先には、大きなビジネスチャンスがあるかもしれない。
2004年2月18日 / 00:00

コロンブスの卵

現在は「いつ買うかの判断は無意味」という理論がベースとなって、莫大な資産運用が行われているが……。
2004年1月8日 / 00:00

予言の力

市場の有力予想は、それが有力であればあるほど、常にはずれとなる力を内在している。
2003年11月19日 / 00:00

出端くじき

今回の市場では、日経平均先物と同時にソフトバンクを同時に叩いたことで、効果が最大限となった。
2003年10月27日 / 00:00

お馬鹿な想像

歴史を振りかえれば、現状からは「巨大バブルの前兆」が連想されるかもしれない。
2003年10月10日 / 00:00

ダブルをかます

誰しも絶好調で“ノリノリ”の時がある。そういう時に「ちょっと出来すぎでは?」と可能性を制限してしまうことなく、さらに「攻める」ことができるだろうか。
2003年9月19日 / 00:00

機会コスト

インターネットやオンライン証券会社の登場により、日本の個人投資家を取り巻く投資環境は劇的に好転した。しかしそれはあくまで「それ以前と比較して」の話である。
2003年9月5日 / 00:00

灯台下暗し

「欲望と無欲」、「恐怖と勇気」など、トレードをやっていくと論理的には並立が極めて困難な「矛盾命題」に正面から取り組む必要が出てくる。
2003年8月7日 / 00:00

なますを吹かない

株式市場の上昇と同時に、インターネット関連株式も非常に強い地合を継続してきた。これは、過度に売られた事への反動という側面が大きいものと思われる。
2003年7月24日 / 00:00

転換点を迎えた株式市場

日経平均が一時一万円の大台を回復するなど、株式市場が大活況を呈している。これはこれまで長く続いてきた市場の低迷が、プラスへと転じる大きな転換点ではないか。
2003年7月11日 / 00:00

    

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites