多言語×Web×海外マーケティング情報

多言語×Web×海外マーケティング情報

シトラスジャパン株式会社(しとらすじゃぱん)

メディアニュートラルに多言語クリエイティブ事業を展開するシトラスジャパンは、企業の『コミュニケーションパートナー』として、大手から中堅・中小まで幅広い企業郡から高い支持を得るクリエイティブ集団。海外マーケティング情報や多言語クリエイティブのノウハウなどを発信していきます。(シトラスジャパン株式会社)

アドテクノロジーの今:5年後に米国で最も拡大するモバイル広告とは?

急成長を遂げつつあるモバイル広告だが、その中でも注目は位置情報を活用したターゲティング広告である。モバイル端末向けの広告技術で、検索機能と連動してユーザーの所在地に応じたサービスや商品を整理する。
2013年1月23日 / 10:00

商品写真はバーチャルの世界へ

3D による「バーチャル商品写真」は数年前まではただの夢物語だった。しかし今では、従来の商品写真と同等の選択肢となりえており、多くの企業が広告やマーケティング物の制作にあたりこのトレンドを活用しているのだ。
2012年11月21日 / 10:00

アメリカ大統領候補の Facebook 活用手法にみる“勝つ”ためのブランディング戦略

今回の調査では、民主党の現職候補であるバラク・オバマ氏と共和党の対抗馬であるミット・ロムニー氏の Facebook 利用の実態について、様々な観点で比較分析し、SNS 活用戦略を明らかにする。
2012年11月5日 / 16:20

アドテクノロジーの今:顔画像認識、顏認証

大都市の賑やかなショッピングモール、バス停、空港といった場所にいると、私たちは知らぬ間に写真を撮られている可能性が高いことをご存知だろうか。
2012年9月14日 / 11:00

英文キャッチコピー開発日誌〜日本人が陥りやすい英文コピー開発の落とし穴とは〜

今回は、英文キャッチコピー開発の実例から、コピー開発の手順と、陥りやすい代表的な落とし穴をご紹介します。
2012年8月29日 / 10:00

アメリカ大統領選の眺め方―データ解析力が今年の勝敗のカギ!?

アメリカ大統領選で注目されるもののひとつにネット上でのキャンペーン活動がある。今回の選挙では、メッセージを届けたい有権者をピンポイントで狙い撃ちするための解析技術や広告配信技術がとくに重要視されている。現状明らかになっている注目ポイントをいくつか紹介したい。
2012年7月3日 / 15:00

夢のソーシャルメディアデビューの前に… 〜SNS と企業姿勢の望ましいあり方とは〜

いまや企業のプロモーション活動において、すっかりトレンドになっているのがソーシャルメディア。インターネットの中核ともいえる存在で、個人のライフスタイルや企業のマーケティング活動において無視できない重要なメディアとなっており、多くの消費者に対して自然にアプローチできるツールとして、ソーシャルメディアは企業の間で普及し続けています。
2012年5月31日 / 17:20

「いいね!」は全世界共通か?

Facebook で言語設定を英語にすると、「いいね!」ボタンは「Like」という表記に切り替わる。しかし「Like」という単語は、直訳すれば「好き」という意味であって「いいね」という意味にはならない。つまり「いいね」は、日本人の感覚に合わせて意訳された表現だ。
2012年4月25日 / 10:00

インターネット TV は次なる黒船か?意外な「テレビの復権」と米国発ネットテレビの襲来

いよいよ Hulu(フールー)の日本上陸が実現した。昨年8月のことだ。これまでも Apple が2005年時点で iTunes にビデオ視聴機能搭載を開始していたことなどを勘案すれば、ネット経由でエンターテイメント・コンテンツを配信する素地は着々と準備されていた。
2012年4月4日 / 10:00

あたらしい広告技術の実験場 第2弾:オンライン化とモバイル化の進む2012年アメリカ大統領予備選挙

先日スーパーチューズデー(予備選挙)をむかえたばかりの2012年アメリカ大統領選は、前回の選挙戦と同様に、いよいよ最新鋭の広告テクニックの力を、候補者同士が見せつけるような流れになってきている。今回の「あたらしい広告技術の実験場 第2弾」では、モバイルとネットを用いた予備選挙の最新状況をお伝えしよう。
2012年3月14日 / 10:00

日本語に「主語」がなくて何が悪い!?

和文英訳をしていると、主語が省略された文章に気づくことが多々あります。ただ日本語として読む時には何の違和感も覚えない文章でも、ほぼ必ず主語を要する英語に訳す時には、和文に主語がないことが気になることが多いのです。
2012年2月22日 / 10:00

海外発、注目 AR プロモーション

テクノロジーの発展は、広告世界にも発展をもたらしてきた。その中でも今日特に注目を集めるものと言えば、いまや広告・マーケティングの世界で認知を広めその足場を固めつつある AR(拡張現実)だ。
2012年2月8日 / 10:00

語彙を増やす方程式 〜「わかる」+「わかる」=「ほぼわかる」〜

英会話や英文書面でのやりとりを成立させる上でもとりわけ必要だと思うのは、ボキャブラリー、つまり語彙の増強です。
2012年1月11日 / 10:00

あたらしい広告技術の実験場:2012アメリカ大統領選に注目せよ!

広告という観点で見たアメリカ大統領選のキャンペーンは、実に取り組みがいのある研究対象のひとつと言えるだろう。
2011年12月28日 / 10:00

ゆるキャラに学ぶ「ゆるさ」のすすめ

「MILK JAPAN」が熱い。この活動の中心にいるのは、牛乳がひとしずくハネた瞬間にできる「ミルククラウン」をそのまま王冠としてかぶった「ミルコップ」というゆるキャラ。
2011年12月14日 / 10:00

購入実態から見るアジアの消費者 ウインタースポーツ(1)〜スキーヤー・スノーボーダーの動向は?〜

日本国内では、1994〜1995年シーズンにスキー場延べ利用者数はピークを迎えて3,450万人を記録し、その後急激に減少。2010〜2011年シーズンは震災の影響も有り約1,150万人まで利用者数は減少しています。
2011年11月30日 / 10:10

Keep Walking ウィスキーはどこから来てどこへ向かうのか ―ジョニーウォーカーに寄せて―

ウィスキーファンの多くは、ウィスキーの豊かな香りと深い味わいに魅了され、その変わらない伝統の味を求めます。しかし、こと広告に限っていえば、ウィスキーの旧き伝統のイメージとは裏腹に、斬新な手法を取り入れたものが多くみられます。
2011年11月16日 / 10:00

英文作法・余白のルール 〜スペースも文字の一つと認識すべし〜

今回のテーマは「スペースもまた文字の一部である」という認識を持って欲しい、あるいは英語表記における「全角文字症候群」を克服しようというお話です。
2011年11月2日 / 10:00

ミイラ取りがミイラになる、Apple サイトの魔力

クライアントからサイト改定の依頼があったとき、「好きなサイトはありますか?」と聞くと必ずと言っていいほど出てくるのが、Apple 社のサイトです。確かに、すっきりとした最先端のデザイン、というイメージがあります。
2011年10月26日 / 10:00

シングルモルトウィスキー愛飲家のロマン 〜SNS コミュニティー形成とコーズマーケティングの関係〜

ここ数年の SNS の急速な発展を受け、ファンやサポーターの集団(=コミュニティー)を上手く活用しムダのない効果的なプロモーションを打ちたいと多くの企業は考えるようになりました。
2011年10月19日 / 10:00

購入実態から見るアジアの消費者―スマートフォン(3) 〜話題の iPhone 4S、各国消費者の反応は?〜

cellular-news.com の2011年6月のコラムでは、“2012年までにアジアパシフィック地域は、世界最大のスマートフォン市場になる”という見出しで、同地域の2010年スマートフォン出荷台数が7,670万台(前年比53%成長)、2011年には1億台を超えると予想しています。
2011年10月12日 / 10:00

Mobile Apps.で世界を制覇せよ 〜プレゼンスを発揮するためのスマートなアプリ選択〜

あるデータによれば、モバイル端末からのインターネットへのアクセス数が、PCからのアクセス数を間もなく抜くほどに増大しているという。既に中国では4億8,500万人のネットユーザーがいるとされ、(これは日本とアメリカの人口を合わせた数より大きい)65.5%のアクセスが「モバイル端末」からだとされている。
2011年9月28日 / 10:00

購入実態から見るアジアの消費者―スマートフォン(2) 〜日本市場はスマートフォンでもガラパゴスなのか?〜

前回はスマートフォンをテーマに、その普及状況を概観としてまとめました。結論としては「アジア各国ではまだそれほどスマートフォンは普及していませんが、これから携帯電話を買うならスマートフォンが欲しいという方がアジア各国には多い」というものでした。
2011年9月21日 / 10:00

想う人には想われる!? 〜ミスマッチを防ぐための求人広告アイデア〜

気になる異性がいたとしよう。自分の想いを伝えたい。どう伝えれば彼女になってもらえるだろうか。彼女は自分のことをよく知らないのだから、いきなり『付き合ってください』と言うよりも、ちゃんと自分をアピールして徐々に理解してもらった方がいい。
2011年9月7日 / 10:00

ブルガリは何故 BVLGARI か? 〜ラテン語と現代広告〜

「英語で使用されるアルファベットは全部で何文字ありますか?」と聞かれたら、多くの人は26文字と即答するでしょう。では「アルファベットはいつから26文字になったのでしょうか?」と一歩踏み込んで訊ねられたら、少し戸惑うかもしれません。
2011年8月24日 / 10:00

購入実態から見るアジアの消費者―スマートフォン(1) 〜日本市場はスマートフォンでもガラパゴスなのか?〜

日本では、Android 端末が iPhone に対して出荷台数ベースで3倍差と大逆転しました。巷では『Softbank も Android 注力?』『他キャリアでも iPhone?』などとささやかれる、生き馬の目を抜く携帯電話、主にスマートフォン市場について、アジアを中心とした世界各国の実情を探っていきます。
2011年8月10日 / 10:00

“シトコム”で楽しく学ぶ英語

「英語ってどう学ぶのが良いのでしょう??」バイリンガルであることを前提にお仕事をしていると、頻繁に聞かれます。
2011年8月3日 / 10:00

ラクダの群れにはご用心!? 〜商品名に見られる大文字/小文字表記〜

英語のケース(case)をご存知でしょうか?これは文字の「大小」を表す言葉で、upper case といえば大文字、lower case と言えば小文字を指します。英文は、これを使い混ぜ、様々なスタイルの文字列を形成しています。実はこの文字列の使い分けは、広告の表現力にも影響を与えています。
2011年7月27日 / 10:00

緊急調査 東日本大震災の日本ブランドへのインパクト

東日本大震災に端を発した原発事故が、Made in Japan の価値にどのような影響を与えているのか。個別の輸出品目からの調査は時間的にも手法的にも難しいため、AIP 社の調査協力の下、各国の消費者視点から考察してみたいと思います。
2011年7月20日 / 10:00

    

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites