インターネットの光回線で、地デジ、BS、CSデジタル放送を観ることができる「ビッグローブ光テレビ」と、低料金で固定電話が利用できる「ビッグローブ光電話」サービスが開始された。

NTT東日本・西日本の「フレッツ・テレビ」と「ひかり電話」サービス卸を活用したもので、光回線サービス「ビッグローブ光」ユーザーが対象となる。

「ビッグローブ光テレビ」は、アンテナを設置しなくても、今あるデジタルテレビで地デジ、BS、CSを視聴できるサービス。月額料金は660円(税別)だが、工事費などの初期費用が必要となる。

また、「ビッグローブ光電話」は、光回線を使用したIP電話サービス。アナログ電話やひかり電話など、固定電話への通話料は全国一律8円(税別)/3分。すでにある固定電話の電話番号や電話機をそのまま使用できる。