日本年金機構から個人情報が流出した、と日本年金機構が6月1日に発表した。

発表によると、職員の端末に、ウイルスメールによる外部からの不正アクセスがあり、年金機構が保有する個人情報の一部が外部に流出したことが、5月28日に判明した。現時点で約125万件が流出したと考えられる。

流出したのは、「基礎年金番号、氏名」約3万1,000件、「基礎年金番号、氏名、生年月日」約116万7,000件、「基礎年金番号、氏名、生年月日、住所」約5万2,000件の、合計 約125万件。

現在、基幹システム(社会保険オンラインシステム)への不正アクセスは確認されていないが、さらに精査中とのことだ。

年金機構では、外部からの不審な接触があった場合の連絡先として、専用電話窓口(コールセンター)を設置した。電話番号は、フリーダイヤル 0120−818211、受付時間は8時半〜21時(平日および土日)。設置期間は6月14日まで。

また、不正アクセスが発見された時点でウイルスに感染した PC を隔離し、ウイルス対策ソフト会社に解析を依頼、検知したウイルスの除去を行い、警察に捜査を依頼した。さらに、外部への情報流出を防止するため、全拠点でインターネットへの接続を遮断している。

情報が流出したユーザーについては、システムで確認できる体制を確立し、年金手続きの際には、本人確認のうえで手続きする。また、個別に連絡し、基礎年金番号を変更するという。