楽天証券では、7月下旬を目処に、未成年者の総合口座開設の受付を開始する。これにより、20歳未満の未成年も株式などを取引できるようになる。

2015年度税制関連法が成立し、「ジュニア NISA」の創設が決定された。楽天証券では「ジュニア NISA」開始に先立ち、未成年の総合口座を受け入れる。国内現物株式、外国株式、投資信託など、楽天証券が総合口座で取扱う商品の取引ができる。

NISA は、2014年1月より導入された「少額投資非課税制度」の仕組み。一定金額までの株や投資信託などの投資による売買益や配当益などを非課税にできる。

NISA はこれまで「20歳以上」のみが利用できる制度だった。「ジュニア NISA」では、未成年者の NISA 口座を開設できるが、実際のお金は両親や祖父母などが拠出する。