紙の書籍を購入するとその電子書籍を50%オフで購入できる「紙書籍購入で電子書籍の読書機会を提供するサービス 読割50(よみわりごじゅう)」が開始された。

大日本印刷(DNP)グループでは、紙の書籍と電子書籍の両方に対応した「ハイブリッド書店サービス honto(ホント)」を展開している。2015年4月時点で、honto 会員は270万人を超え、honto サイトと共通で利用できるポイントサービスも、全国約150の書店に広がっている。

「読割50」は、これまで電子書籍を利用したことのない会員も、安価に電子書籍を体験できるようにしたもの。紙の書籍は家での読書用や保管用として、また持ち運びに便利な電子書籍は外出時に閲覧したり、検索機能を利用したりできる。