兵庫県姫路市では5月1日から、インターネットを利用した市民税・県民税(普通徴収分)および固定資産税・都市計画税(いずれも平成27年度第1期分から)のクレジットカード納税が開始になる。

これに伴い、三井住友カードとジェーシービー(JCB)を指定代理納付者に指定し、エフレジの公金収納システム「F-REGI 公金支払い」を採用した。

姫路市では、市民税・県民税と固定資産税・都市計画税は、これまで金融機関などの窓口での納付、あるいは口座振替納付に限られていたが、今回、インターネット上でクレジットカード(Visa、MasterCard、JCB、AMERICAN EXPRESS、Diners)を利用して納付できるようになる。

PC やスマートフォンなどで、姫路市の Web サイトからクレジットカード決済専用画面にアクセスし、納付書を確認しながら必要事項を入力すると、クレジットカード納付手続きが完了する。なお、クレジットカード納付には、一定の決済手数料が必要になる。

「F-REGI 公金支払い」は、全国の地方自治体、行政機関の税金・水道料金などの各種料金・ふるさと納税をオンライン決済で納付できるサービス。北海道から沖縄まで、日本全国75以上の地方自治体が採用している。