ベネッセホールディングスおよびベネッセグループは IT 戦略の一環として、日本マイクロソフトのクラウドサービスを導入することを決定。情報セキュリティの強化や従業員の生産性向上を図る。

「お客様情報の安全性に、いちばん厳しい会社になる」というビジョンを掲げるベネッセは、“世界トップクラスの情報セキュリティ”の実現に向けた取り組みを進めている。今回の決定では、ユーザー ID の管理やデータ保護などに対応した包括的なクラウドソリューション「Microsoft Enterprise Mobility Suite」と、パブリッククラウドサービス「Office 365」(クラウド プロダクティビティ スイート)を中核とするクラウドサービスを導入。4月より、ベネッセグループの情報システム機能子会社 ベネッセインフォシェルが導入を開始し、夏頃からはベネッセホールディングスとベネッセコーポレーションが導入、2015年後半から2016年中にグループ全体(約2万ユーザー)への展開を目指す。

日本マイクロソフトはベネッセの IT パートナーとして、クラウドサービス導入に向けた検証と技術支援をベネッセインフォシェルとともに行い、ベネッセグループ内でのスムーズな展開を支援する。