Hamee(ハミィ)は、映画「スター・ウォーズ(STAR WARS)」に登場するロボット(ドロイド)「R2-D2」の形をしていて、冷蔵庫に入れておくと動いたり喋ったりしてくれる“冷蔵庫用ガジェット”「STAR WARS/Talking Fridge Gadget トーキングフリッジガジェット(R2-D2)」の予約販売を開始した。冷蔵庫の開閉に反応し、R2-D2 が動く/光る/喋るなどの動作で挨拶する。税込販売価格は4,320円。入荷時期は、4月末から5月上旬の予定。

冷蔵庫のなかが「スター・ウォーズ」の世界に!扉を開けると動いて喋る「R2-D2」
冷蔵庫のなかが「スター・ウォーズ」の世界になる

この R2-D2 は、冷蔵庫に入れておくと光センサーで扉が開けられるのを感知して、頭を動かし、青と赤の明かりを点灯させ電子音を鳴らす。つまり、冷蔵庫を開けるたびに R2-D2 が映画と同じ“声”で挨拶してくれるわけだ。しかも、冷蔵庫の扉を開けたままにしておくと、「慌てている」声で電気の無駄使いを警告してくれる。もっとも、通訳してくれる相棒ドロイド「C-3PO」がいないので、何を言っているのか理解できないが。

冷蔵庫の開け放しを警告してくれる (出典:Hamee)
冷蔵庫の開け放しを警告してくれる
(出典:Hamee)

発生する電子音はスター・ウォーズの劇中で使われたものと「全く同じ」。音声パターンは15種類以上あり、「挨拶」「オビ=ワンへの伝言」「C-3PO とケンカしている所」など映画のシーンがよみがえるという。音声は、R2-D2 頭部にあるボタンを押しても鳴らせる。

声も姿も本物そのもの (出典:Hamee)
声も姿も本物そのもの
(出典:Hamee)

サイズは縦10.7×横7×厚さ 4.5cm で、冷蔵庫の扉のポケットにも納まるほど。小さな冷蔵庫にも入れておけるので、一人暮らしの寂しさを癒してくれそうだ。

一人暮らしの寂しさを癒してくれる (出典:Hamee)
一人暮らしの寂しさを癒してくれる
(出典:Hamee)

紹介ビデオ