ソフトバンクモバイル、ソフトバンクBB、ソフトバンクテレコム、ワイモバイルの4社は、2015年4月1日(予定)に合併する。

4社は、従来から通信ネットワーク、販売チャネルなどの相互活用や、サービスの連携強化に取り組んできた。今回の合併により、各社の経営資源をさらに集約し、国内通信事業の競争力を一層強化することで、企業価値の最大化を図るという。

合併後の新会社は、革新的なサービスの創出に取り組むとともに、構造改革を通じて経営効率を高める。また、ソフトバンクグループ各社とともに、IoT(インターネットオブシングス)やロボット、エネルギーなどの分野でも事業を拡大する。

なお、既存サービスのブランド名は維持し、移動通信サービスは「ソフトバンク」「Y!mobile」の2ブランドで引き続き提供する。また、現在各社が提供中のサービスについては、継続して利用できる。

ソフトバンクモバイルは「ソフトバンク」ブランドで移動通信サービスを、ソフトバンクBBは「Ya h o o !BB」ブランドでブロードバンドサービスを、ソフトバンクテレコムは固定電話やデータ通信などの通信サービスを、ワイモバイルは「Y!mobile」ブランドで移動通信サービスをそれぞれ提供している。