NTT データは、中国事業の運営体制の強化を目的に、中国での統合再編を行った。具体的には、恩梯梯数据(中国)投資有限公司(NDCI)を地域統括会社として位置付け、中国国内向けビジネスを中心とした恩梯梯数据(中国)有限公司(NDC)と、オフショア事業を中心とした恩梯梯数据(中国)信息技術有限公司(NCIT)に統合再編した。

NTT データグループは、日本向けのソフトウェア開発リソースの強化(オフショア事業)と、成長する中国市場での現地ビジネスの拡大を目的として、中国事業を積極的に推進してきた。今回の統合再編で、中国グループ会社が保有するノウハウ・スキルと営業および開発のリソースを集約し、事業運営体制の強化を図る。

また、中国地域におけるオフショア事業の中核会社として位置付けるため、無錫 NTT データの商号を NCIT へと変更をした。