ロータスビジネスコンサルティング(LBC)は、SAP ジャパンの中堅中小企業向け ERP ソリューション「SAP Business One」を、日本 IBM のクラウドサービス「SoftLayer」で提供するサービス、「Cloud One for SAP Business One」を発表した。サービス開始は2015年1月7日、月額使用料は2万4,800円(税別、1ユーザー当り)。

Cloud One for SAP Business One は、SoftLayer 上で稼働させた SAP Business One を利用するサービス。SAP Business One は、中堅中小企業の業務を対象に最適化された標準機能を持ち、短期間で導入できる ERP システム。

LBC では、勘定科目や税コードなどの標準機能を事前設定、サービスを申し込んだその日から利用できるようにしている。

LBC では Cloud One for SAP Business One の販売開始にあたり、初年度、1,000ユーザーへの販売を目指す。

基幹業務を支える ERP システムを構築、経営の可視化や業務の標準化を進めたいというニーズが、中堅中小企業でも高まっているそうだ。さらに、海外でビジネス展開するには、国や地域ごとに異なる法制度や商習慣に対応したシステムが必要となる。