e-Learning Awards フォーラム実行委員会および日本工業新聞社(フジサンケイ ビジネスアイ)は、「第11回 日本 e-Learning 大賞」で、e ラーニングの頂点となる最優秀賞「日本 e-Learning 大賞」ほか、「経済産業大臣賞」「文部科学大臣賞」「総務大臣賞」など全27件の受賞作品を決定した。日本 e-Learning 大賞には、ドリコムの「えいぽんたん!」が選ばれた。

「日本e-Learning大賞」は、企業/自治体/団体における e ラーニングを用いた生産コストダウン/生産性向上/業務改革、また学校/個人では新しい学習の可能性/学力向上に役立つさまざまなコンテンツ/サービス、ならびにソリューションを表彰する賞。

「えいぽんたん!」はスマホユーザーが気軽にゲーム感覚で英語を学習できるアプリ。コンテンツには語学出版社アルクの定評ある「聞いて覚える英単語キクタン」シリーズを使い、TOEIC350から990点レベルの頻出単語を出題している。優良な書籍コンテンツと SNS やゲームのアプリ開発会社がタッグを組んだ成功例として、イーラーニングに与える影響が大きく、今後の展開も期待できるとして、同賞に選ばれた。

また、「総務大臣賞」には LoiLo の「ロイロノート・スクール」が選ばれた。「ロイロノート・スクール」はタブレットを対象とした授業支援アプリ。タブレット一人一台時代を想定して、教員や児童/生徒のどちらにとってもシンプルなインターフェイスでプレゼンテーションを作成できる。簡易な操作で、生徒も教員も写真や映像、テキストなど様々な素材を統合的かつ共通のインターフェイスで扱うことができる点や、通信機能もシンプルで、特に個別サーバーなどの専用ハードを必要としない設計が評価された。