将棋ソフト「Ponanza」の開発者である、山本一成氏は、自身のブログで羽生善治名人と、人間対ソフトウェアの対局を希望すると表明した。

Ponanza は人間対ソフトの対局として著名なタイトルである電王戦に参加。人間の棋士に勝利したソフトとして知られる。

電王戦は2015年の第4回開催をもっていったん終了する見込み。これに先立ち、電王戦への出場資格を得るため、ソフト同士が対局する電王トーナメントが2014年11月1日〜3日に行われる。

山本氏は、Ponanza が電王トーナメントに優勝できた場合、クラウドファンディングを利用して資金を集め、それをもとに羽生名人と Ponanza が対局できる方法を模索する考え。

Ponanza がソフトとして最強であるということになれば、羽生名人との対局を見たいという人間は集まるはずだと、山本氏は見込む。その場合は、Ponanza チームとして優勝賞金も全額寄付するなどして実現を図るとしている。

また、クラウドファンディングを利用する理由は、将棋ファンの意志を確認する目的もあるとしている。対価を支払ってでも、Ponanza と羽生善治名人との対局が見たいファンが多ければ、日本将棋連盟が実現に積極的になると考えているという。