LINE からマイカーの駐車位置や燃料残分が確認できる「DRIVE+」開始 -- ガリバーと連携
LINE の DRIVE+ 連携機能
マイカーの駐車位置や、残り燃料での走行可能距離を LINE で確認できるサービスが始まった。専用アプリケーションをスマートフォンに入れ、さらに車載機器を設置すると使えるようになる。

中古車販売のガリバーインターナショナルの運転支援サービス「DRIVE+」が LINE と連携した。DRIVE+ の利用の準備を整えたら、LINE で DRIVE+ の公式アカウントとトークを始めると、さまざまな機能が使える。

例えば駐車時間が分かる「停めて何分?」機能、駐車位置が分かる「車ドコ?」機能、残りの燃料で走行可能な距離が分かる「あとドレダケ?」機能、バッテリの電圧を簡単に確認できる「バッテリーチェック」機能、ロードサービスに連絡できる「トラブルサポート」機能だ。

それぞれの機能を呼び出すには、公式アカウントあてに専用スタンプで会話すればよい。

なお、DRIVE+ は当面、ガリバーの店舗「WOW!TOWN幕張」(千葉県習志野市)でのみ加入できる。

DRIVE+ の紹介動画