SUSEMariaDB(旧 SkySQL)は、IBM Power Systems 環境での Linux アプリケーションのエコシステム拡大に向けたパートナーシップを発表した。

パートナーシップは、ラスベガスで開催された「IBM Enterprise2014」で発表された。IBM Power Systems 対応の Linux と OSS テクノロジーの開発に向け、今後5年間で10億ドルの投資支援を行う予定。

SUSE は、近日中に発表予定の「SUSE Linux Enterprise 12」に関連し、複数のパートナーシップを発表する予定だが、今回はその第一弾。

「MariaDB Enterprise」は、SUSE Linux Enterprise Server 12 と IBM POWER8 搭載サーバーの環境向けに最適化が図られる。SUSE と MariaDB では、Linux と Power の機能・性能面でのメリットをより詳細に説明するため、顧客企業とパートナー向けのチューニング/最適化ガイドの発行を予定している。

今回のパートナーシップにより、SUSE Linux Enterprise Server 12 では、Linux と x86 の環境で開発されたソフトウェアを、Linux と Power のリトルエンディアン システム向けに移植できるようになる。また、C++、Ruby PHP、Java などのコンパイル言語やスクリプト言語で開発されたアプリケーションを、POWER8 で実行できるようになる。