NEC は、OSS の 「Apache Hadoop」開発を支援する 米国 Cloudera と、ビッグデータ活用における大規模分散処理基盤ソフトウェア分野で協業する。

Apache Hadoop は、ビッグデータを分散処理・管理する OSS のミドルウェアで、Java ソフトウェアフレームワーク。最大数千台のサーバーが PB 級のデータをバッチ処理できる。

Cloudera では Apache Hadoop を効率的に導入し、安定稼動させるセットモデル「Cloudera Enterprise」を販売している。

Cloudera Enterprise は、必要な修正パッチの適用やソフトウェア間の相性について動作検証した「CDH」(Cloudera’s Distribution including Apache Hadoop)、管理ソフト「Cloudera Manager」などのツール群、サポートサービスで構成される。

今回の協業で、NEC は、サーバー、ソフトウェア、クラウドサービス、システムインテグレーション、トレーニングについて、Cloudera の製品、サポート、プロフェッショナルサービスと連携、ビッグデータ処理に最適な製品やサービスを開発し、販売する予定。