LINE が、連結子会社の LINE Book Distribution で、講談社小学館メディアドゥの3社と資本業務提携を行い、4社の合弁事業会社が発足した。コミックを中心とするデジタルコンテンツ配信のグローバル展開を推進する。

デジタルコンテンツ配信において、LINE は2013年4月に 国内向けにサービスを開始。スマートフォン向け「LINE マンガ」は、約50社以上の出版社・レーベルと共同で、現在までに8万点ものタイトルを提供、累計ダウンロード数800万件以上のスマートフォン向け電子コミックプラットフォームに成長した。
 
一方、海外のマンガの環境では、正規版コンテンツがなかなか手に入らず、海賊版の横行が未だ改善されていないのが現状だ。また日本の出版社でも、資金面や人材雇用面などにおいて、海外展開ができないといった課題があった。

今回、LINEが培った「LINE マンガ」の開発・運営基盤や、アジアをはじめとしたグローバルでの大規模な LINE のユーザーベースを利用し、海外での事業も推進する。

サービス開始は年内を予定しており、まずは英語・中国語(繁体字)版で配信する予定だ。