セイコーインスツルは、2015年3月末をもって電子辞書事業から撤退することを発表した。

同社は1987年に電子辞書事業を開始。1992年には業界で初めて、英和・和英中辞典の文字情報を全て収録したフルコンテンツタイプの電子辞書「TR700」を発売し、その後も学生やビジネスパーソン、医療関係者などのニーズに合わせた商品を販売してきた。

電子辞書市場が成熟したことや、スマートフォン、タブレット端末などの普及により、電子辞書の需要の伸びが期待できないことから、製造および販売の終了を決定。製品の修理や問い合わせなどは、2015年4月以降も引き続き対応するという。

電子辞書事業で培った、辞書コンテンツの利用ノウハウや検索サービスなどについては、セイコーホールディングスグループ内にて、ビジネス展開の可能性を検討していくとしている。