中国 Lenovo(レノボ)が米国 IBM の x86 サーバー事業を買収した。買収価格は21億ドル。買収の結果、Lenovo は、グローバルで421億ドル規模の x86 サーバー市場で第3位のプレーヤーとなる。

Lenovo が取得するのは、System x、BladeCenter、Flex System ブレードサーバーおよびスイッチ、x86 ベースの Flex 統合システム、NeXtScale および iDataPlex サーバーと関連ソフトウェア、ブレードのネットワーキングおよび保守業務。System z メインフレーム、Power Systems、Storage Systems、POWER ベースの Flex サーバー、PureApplication および PureData アプライアンスは、IBM が保持する。

Lenovo は2005年に ThinkPad 製品ラインを含む IBM の PC 事業を買収しており、Google からの Motorola Mobility 買収が完了すれば、同社は、世界第3位のスマートフォンメーカーとなり、PC、タブレット、スマートフォンのスマートデバイスメーカー上位3社のひとつになる。

Lenovo は IBM から買収した x86 サーバー事業をそのままの状態で継承、保守サービスは IBM が引き続き一定期間、Lenovo を代行して行う。

また、IBM の x86 サーバー事業グローバルチームは、Lenovo の Enterprise Business Group の下部組織となる。IBM で x86 サーバー事業を率いてきた Adalio Sanchez 氏は、Lenovo でも同じポジションで、Gerry Smith 氏の直属となる Enterprise Systems 担当シニアバイスプレジデントとして、引き続き事業の指揮を執る。