電通テックリーベンスは、電子お薬手帳を核とする、ヘルスケアコミュニケーションサービス「hoppe」(ホッペ)を提供開始した。薬局も患者も無料で利用できる。

電通テック、電子お薬手帳&ヘルスケアサービス「hoppe」開始
電通テック、電子お薬手帳&ヘルスケアサービス「hoppe」開始

hoppe は、スマートフォンまたは携帯電話で利用できるヘルスケア コミュニケーション サービス。患者は薬局を登録すると、投薬データを自動取得できる。また、同サービスに加入した薬局では、患者がどこの薬局を利用した場合でも投薬状況を把握可能だ。

さらに、患者は同サービスで、日々の健康状態を日記形式で記録していける。まずは、患者自身で健康を管理し、心配なことがあれば薬剤師に、服薬後の体調変化や健康状態をサービス上で相談できる。薬局からは患者の健康状態を確認し、アドバイスなどのメッセージを送信できる。

同サービスは、薬手帳の機能だけではなく、今後、大きな広がりを予定しているという。まず、年内に電子処方箋機能を追加予定、また病院/クリニックとの連携システムを準備している。さらに、薬剤師行動の中心に患者の利益を据える行動哲学“ファーマシューティカルケア”を目指す薬剤師のためのコミュニケーションサイトの運営や、ユーザーの利便性向上のための機能やサービスの拡充を随時行っていくそうだ。