法務省は、法務省民事局と法務局が保有する一部のサーバーと端末に、外部からの不正アクセスがあったと、発表した。法務局の情報の一部が外部に送信された可能性があるという。

法務省は情報流出を防止する措置をとるとともに、政府関係機関と協力、原因や外部に送信された可能性がある情報について調査を進めている。

今回の不正アクセスは、法務局の一般事務を処理するネットワークにつながっていた端末と外部との不審な通信が確認されたため、通信内容の調査を行っていたところで発見された。法務局が各地の一般事務を処理するために使っているネットワークシステムは、法務局間や支局間などでのメール機能のほかに、ファイル共有機能、共通掲示板や各種データベースなどのアプリケーション機能を備えている。