パナソニックライカカメラは、デジタルカメラ分野における協業契約を延長し、さらに技術協業を拡大/強化することで合意した。

今回の契約の具体的な内容は2点。パナソニックのデジタルカメラ製品におけるライカカメラ商標の使用契約の延長と、技術協業の拡大/強化。

この契約により、パナソニックは今後の5年間(2014年10月から2019年9月)、ライカのレンズを搭載したデジタルカメラを商品化できるようになる。ライカカメラはパナソニックの持つデジタル技術を自社の製品開発に生かせるようになる。また、両社は、ライカの持つ光学技術と、パナソニックの持つデジタル技術を融合することで商品力をさらに強化する。

両社は2000年8月にデジタル AV 機器用レンズの協業契約を締結し、2001年7月にはデジタルカメラ分野での協業で合意した。