リコーは、3D プリンタをキーとしたアディティブマニュファクチャリング事業(AM 事業)に参入する。事業の第一弾として、ものづくりイノベーション拠点「RICOH Rapid Fab」(リコーラピッドファブ)を神奈川県横浜市と厚木市に開設する。

今年度は2つの RICOH Rapid Fab の運営を通して、3D プリンタの仕入れ販売、3D プリンタ出力サービス、リコーの実践事例に基づくコンサルティング提案を展開し、今後はグローバルに拠点を順次拡張していく。なお、日本における販売はリコージャパンが行う。

3D プリンタは、設計データから手軽に試作品を造形し、時間とコストの節約に貢献できることから、ものづくりの現場で関心が高まっている。リコーグループは、20 年以上にわたり設計業務で3D プリンタを活用してきた実績に加え、試作や金型加工などの数々の技術を有している。