楽天は、日本経済新聞が9月6日に「楽天はインターネット通販関連サイト運営の米イーベイツ(サンフランシスコ市)の買収で最終調整に入った」と報じたことに対し、買収交渉していることは認めつつ、「機関決定した事実はございません」とする声明を発表した。日経新聞の同報道によると、買収額は1,000億円を超える見通しだという。

イーベイツ(Ebates)は、「Cash Back Shopping(キャッシュ バック ショッピング)」と呼ばれるオンライン販売サービスを手がける企業。Ebates の Web サイトで Amazon.com や Groupon といった通販サイトなどへ誘導して商品購入を薦め、購入者にキャッシュバックを行っている。日経新聞は、「楽天は、米国などで運営する自社の通販サイトをイーベイツと連携させる」と報じていた。

なお、楽天は声明のなかで「決定した場合、適時適切に開示致します」としたが、日経新聞は別の報道で「今週にも発表する」としている。