アマゾンジャパンは、徳島県と「災害発生時における支援に関する協定」を結んだ。大規模災害の発生時に県内で必要となる物資の情報を公開することで、迅速かつ的確な物資調達を可能にする。

同協定は、南海トラフ巨大地震などの大規模災害が徳島県で発生した場合を想定。通販サイト「Amazon.co.jp」の「ほしい物リスト」サービスを活用し、県内の避難所に対して必要な物資を必要な数だけユーザーが支援できる環境整備を行う。

アマゾンジャパンは「ほしい物リスト」サービスに関するマニュアルを徳島県に提供し、避難所ごとの同サービスの初期設定を支援する。また災害発生時は、避難所への物流が回復次第、避難所ごとの「ほしい物リスト」が周知されるように、Amazon.co.jp 上で特設ページを公開するなどの支援に努める。

アマゾンジャパンは東日本大震災発生後、ユーザーが「ほしい物リスト」サービスを活用して、7,000か所以上の避難所や学校などに物資を支援できる環境の整備を進めている。「ほしい物リスト」サービスを利用した災害支援協定を締結するのは徳島県が初めてとなる。