三井情報(MKI)が、「SAP HANA Enterprise Cloud」によるサービスとしては国内第一号となる、予測分析サービスの販売を、8月から開始する。

このサービスは、クラウド基盤としての SAP HANA Enterprise Cloud の高い可用性と性能、SAP HANA の豊富な予測ロジックを基に、SaaS 形式で提供される。SAP ERP 内にある社内データや、マクロ経済指標のような外部データを SAP HANA Enterprise Cloud 上の SAP HANA に取り込み、市況などを予測する。

MKI では、2010年の HANA 登場以来、基礎的な技術検証を開始し、癌ゲノム解析や動線分析、需要予測ソリューションなどの応用技術を開発してきた。

また MKI は、SAP ジャパンによる日本での SAP HANA Enterprise Cloud データセンター開設に先立ち、SAP ドイツにある SAP HANA Enterprise Cloud 環境で、2014年初めから各種ノウハウを蓄積してきた。

MKI ではこの予測分析サービスを皮切りに、「SAP ERP」などの製品の SAP HANA Enterprise Cloud 対応や、SAP HANA の機能をフルに活用した各種サービスを、積極的に販売していく。