Steve Ballmer 氏から2月に米国 Microsoft の CEO のポストを引き継いだ Satya Nadella(サティア ナデラ)氏が、大規模なリストラを発表した。

発表は、社員あての電子メールという形でなされ、メールの全文は Web にも掲載された。

メールによると、最大1万8,000人の人員削減を来年までに行うが、その多くが、2013年夏に買収を発表して4月に買収が完了した、Nokia の端末やサービス事業で得た人員とのことだ。

最初に解雇されるのは1万2,500人で、6か月以内に通知されるという。

Microsoft の全従業員数は、2014年6月5日時点で12万7,104人であるから、14.2%の人員削減となり、Microsoft 始まって以来の最大のリストラだ。