セキュアブレインは、京都信用金庫が、不正送金やフィッシングの被害対策として、MITB(Man in the Browser)攻撃対策を搭載したセキュアブレインの金融機関向け不正送金・フィッシング対策ソリューション「PhishWall プレミアム」を採用したことを発表した。

「PhishWall プレミアム」は、不正送金やフィッシングの被害を未然に防ぐためのソリューション。顧客に配布される「PhishWall クライアント」と金融機関側で設定する「PhishWall サーバ」との間で認証情報をやり取りすることで、顧客の PC 側から、アクセスした企業の Web サイトが真正であることを証明する。

「PhishWall プレミアム」は、MITB 攻撃特有の「ふるまい」をチェックして検知するので、同様の「ふるまい」をする未知の MITB 攻撃型ウイルスも検知できる。またウイルスを無効化する機能が搭載されている。顧客の PC が MITB 攻撃型ウイルスに感染している場合でも、ウイルスを無効化することで、情報を詐取される危険な状態を回避できるという。