富士ソフトと、動画配信プラットフォームをクラウドでサービスする米国 Ooyala(ウーヤラ)は、Ooyala の高機能ネット動画配信プラットフォームで、販売代理店契約を締結した。

両社は、国内の企業や放送事業者向けに、動画配信サービスと分析やマネタイズの標準的プラットフォームサービスを販売すると同時に、日本市場における新しい動画配信サービスの創造で、幅広く協業していく。

これまで TV が中心だった映像配信サービスは、インターネットと PC の普及、さらに高速ブロードバンドの普及でネット動画配信サービスに拡大し、さらに劇的に性能が向上したスマートフォンやタブレットなどのモバイル機器、STB やスマート TV などの付加価値の高い映像機器によって、今後ますます高度化と多様化が予想される。

富士ソフトは、TV 向けの配信サーバー「FSStream」や DTV ミドルウェア「FSDTV Middleware」など、TV を中心とした映像技術を提供してきた。

また、Ooyala は、高機能の動画配信プラットフォームをグローバルで展開し、世界中で6,000を超える媒体で採用されている。