NEC は、クラウド基盤サービス「Amazon Web Service」(AWS)を使ったシステム構築サービスを開始した。

具体的には、NEC の大規模システム構築ノウハウや AWS 対応ミドルウェアを利用したシステムの構築サービスと、顧客の業務や IT 環境に適したクラウド活用の方向性を提案するアセスメントサービスを行う。

また、AWS を利用したシステム構築・運用スキルと知識のある AWS 認定技術者を育成、2014年度に NEC グループで200名体制に拡充する計画。

NEC は、4月から開始した「NEC Cloud IaaS」に加え、AWS など複数のクラウド基盤サービスや顧客構築システム(オンプレミス)を柔軟に組み合わせて、顧客の業務システムに応じたハイブリッドクラウド環境を構築していく。

特徴は、NEC がこれまで培ってきた大規模ミッションクリティカルシステム構築のノウハウや SI 技術を活用、信頼性の高いシステムを構築できる点だ。

基幹業務領域で実績のある、セキュリティ・運用管理・高可用などの NEC の主要ミドルウェアを AWS に対応させ、これらのミドルウェアを利用して、AWS 上で付加価値の高いシステムを適切なコストで構築できるという。

また、「NEC Cloud IaaS」のセルフサービスポータルと連携、NEC Cloud IaaS や AWS、顧客構築システムの監視、利用状況・構成情報などを統合的に管理できるそうだ。