オーディオメーカーのパイオニアと音響機器メーカーのオンキヨー、投資ファンドのべアリング・プライベート・エクイティ・アジアは、パイオニアとオンキヨーのホーム AV 事業の一部統合に向けて基本合意した。

また、パイオニアの100%子会社であるパイオニアホームエレクトロニクス(PHE)の株式の一部を、ベアリングとオンキヨーに譲渡することで基本合意した。譲渡後の PHE への出資比率はベアリングが51%となり、残余については当事者間で協議の上決定する。

オーディオ市場ではアナログ機器からデジタル機器への移行が進み、PC による音楽再生やデジタルオーディオプレーヤー機器が普及してきた。パイオニアとオンキヨーは、両社のブランド力や技術、経営資源を有効活用し、コスト競争力を向上させていく。

またベアリングの資本参加で、事業規模を拡大する意向。なお、両社のブランドは今後も維持される。