SAP ジャパンと日本マイクロソフトがクラウド分野で協業する。これに伴い、SAP ERP の Microsoft Azure での稼働の正式サポートが開始され、SAP ERP 顧客ユーザーは Azure の従量課金モデルを活用、総所有コスト(TCO)を約4割 削減できるようになるという。

両社の国内システムインテグレーター パートナー9社がサービス メニューを提供、東日本と西日本に開設した Azure 日本データセンター上に SAP アプリケーションをマイグレーションできるよう、技術検証や各種ドキュメント整備を行い、トレーニングおよびマーケティング活動を共同で実施していく。

Microsoft Azure で正式サポートする SAP 製品は、「SAP Business Suite」「SAP Business All-In-One ソリューション」「SAP Mobile Platform」「SAP Adaptive Server Enterprise」(SAP ASE) 、 Azure 対応「SAP HANA」プラットフォーム開発者向けエディション。