SAS Institute Japan は、電力/ガス事業者が設置したスマートメーターからのビッグデータの活用・運用を支援する包括的なソリューション「スマートメーター・データ・アナリティクス」の、国内での提案を開始すると発表した。

国のエネルギー政策のもと、省エネルギー社会とスマートで柔軟な消費活動の実現のために、電力/ガス事業者による、世帯/事業所へのスマートメーターの導入が実施・計画されている。SAS はそこから生まれるビッグデータをビジネス価値に変える包括的なアナリティクスソリューションを提供し、電力・ガス事業者に向けて、ピーク需要の予測、設備の保全計画、および、顧客サービスの向上による ROI 改善を支援する。

スマートメーターの設置によって、各設置世帯や事業所から時間あたり数回のエネルギー使用データの送信が行われ、詳細で複雑なビッグデータが生成される。このビッグデータを最新のアナリティクス環境で予測分析することで、電力/ガス事業者、また新たにこの分野に参入する事業体に、新しいビジネス機会の創造や課題解決が促進されるという。