日本 HP は、サイバー攻撃や内部不正などに対する企業のセキュリティ対応を支援するため、プロティビティと共同で「情報セキュリティモニタリング支援サービス」を開始する。

「情報セキュリティモニタリング支援サービス」は、セキュリティ情報イベント管理(SIEM)ツール「HP ArcSight」を導入、各種ネットワークデバイス、端末、サーバおよびアプリケーションからログを収集し、相関分析を行い、不正の有無を判断する仕組みを構築するのを支援するサービス。不正行為などを早期発見し、被害の最小化を図る。

日本 HP は、主に ArcSight の導入や検知ルールの実装、本番運用までのテストを支援する。また、HP 研究所で開発された「HP Threat Central」は、HP ArcSight を統合プラットフォームに用いたもので、顧客が最新の脅威、攻撃手法、攻撃者などの知識を、匿名の自動化された方法でコミュニティで共有、セキュリティ対策を強化できるようにするもの。

プロティビティは、リスクコンサルティングと内部監査サービスを行う、グローバルのコンサルティング会社。不正リスクの特定・評価からシステム要件の設定、社内 SOC(Security Operation Center)や社内 C-SIRT(Computer Security Incident Response Team)などの運用体制の構築、教育の実施、本番稼働後の運用までを支援する。

近年、多数の情報セキュリティ事故が発生しているが、重要情報にアクセスできる従業員や外部委託先社員が、重要情報の漏えいに加担する場合もある。企業は、従来の外部からの侵入・攻撃だけでなく、社内ネットワークにおけるユーザーの行動を的確にモニタリングする必要がある。「情報セキュリティモニタリング支援サービス」は、そういった需要にこたえるもの。