東芝は、次世代超高精細映像配信サービスへの活用が期待される最新の映像圧縮規格「HEVC」に準拠したリアルタイム 4K-HEVC ソフトウェア圧縮技術を開発した。

現行の 4K テレビは HDTV 解像度の映像を画像処理により 4K 解像度に変換しているが、4K 本来のより臨場感のある高精細な映像を楽しむためには、4K 映像をそのままテレビに届ける超高精細映像配信サービスが必要であった。

そこで同社は、超高精細映像配信サービスの拡大に向けて、汎用 PC サーバー上で動作可能なソフトウェアベースのリアルタイム 4K-HEVC 圧縮技術を開発した。これにより、既存クラウドシステムでの活用が容易となるほか、従来の HDTV から4K、8K といった超高精細映像までさまざまな映像にスケーラブルに対応可能となり、また各種映像配信サービス固有の要求に対しても、柔軟な対応が可能となる。

今後は同技術をベースに、超高精細映像配信サービスに向けたソフトウェアソリューションの早期実用化を目指す。