ソニーとカナダ最大の電力会社である Hydro-Québec は、電力系統用大規模蓄電システムに関する研究・開発の合弁会社として、「Esstalion Technologies」を設立した。

Esstalion Technologies は、ソニーが有する安全性・信頼性の高いオリビン型リン酸鉄リチウムイオン二次電池と、拡張性の高い蓄電モジュールシステムの制御技術、および Hydro-Québec が有する電力系統の運用・制御技術とリチウムイオン電池材料技術を活用する。

両社が、これらの技術を組み合わせて同じ場所で研究・開発を行うことで、高い安全性と信頼性を実現するシステムに加えて、電力系統用に適した電池材料技術を研究・開発を行い、さまざまな用途への有効性が検証をできるという。

新会社名「Esstalion Technologies」の「Esstalion」は、研究・開発の対象となる、「リチウムイオン電池の技術を使用した電力系統用蓄電システム」という意味を込めており、「ESS(Energy Storage System:蓄電システム)」と「Station(エネルギーマネジメントの場所の意)」と「Lithium ion(リチウムイオン)」を組み合わせた造語。