日立製作所と、データ分析ソフトウェアの米国 RapidMiner は、金融機関向けのビッグデータ利活用ソリューションに関する戦略的提携で基本合意した。

両社は、主に金融機関向けに、日立のシステム構築ノウハウと RapidMiner のデータ分析ソフトウェアを組み合わせた、ビッグデータを活用した新たなビジネス/サービスの創出に寄与するソリューションを販売する。

また、日立は今後、RapidMiner の販売パートナーとなり、データ分析ソフトウェアを国内外で販売する予定。

両社は協業に先立ち、2014年5月から、両社の技術/製品/ノウハウを活用、インターネットバンキングでの不正取引を検知する実証実験を開始した。

RapidMiner は、さまざまなデータを収集して一覧表示するダッシュボードや、分析データをグラフィカルな形式のレポートで表示するアプリケーションソフトウェアなど、一般的な企業のデータベースと組み合わせて使用できる、柔軟性の高い分析プラットフォームを開発、幅広い業種に向けて販売している。