NTT ドコモEvernote は、 Evernote が提供する法人向けクラウドサービス「Evernote Business」の販売代理店契約を世界で初めて締結。ドコモ法人チャネルにて7月1日に販売を開始する。

「Evernote」は、メモや写真、音声などを記録して様々な端末で利用できるクラウドサービス。世界中に1億人以上のユーザーがいる。

法人向けサービス「Evernote Business」では、議事録や提案資料、名刺、音声データなど、業務に必要な情報をクラウドに蓄積し、部署やプロジェクトチーム単位で共有することができる。利用ユーザーの登録・削除や、閲覧権限設定など、企業や組織での利用を想定した管理者向け機能も充実している。

今回ドコモは、法人向けクラウドサービス「ビジネスプラス」のラインアップに「Evernote Business」を新たに追加。法人向けサイト「ドコモビジネスオンライン」にて販売を開始する。顧客は利用料金を請求書にて支払うことができるほか、サービス導入および運用のサポートを受けることが可能。

ドコモと Evernote は法人向けサービスに加えて、コンシューマー向けサービスやアプリ開発者支援なども協力して取り組んでいくとしている。