ソニーは、日本産業パートナーズ(JIP)に、 同社の VAIO ブランド PC 事業を売却する。

ソニーの VAIO PC 事業は、JIP の管理・運営する日本産業第四号投資事業有限責任組合が出資する予定の特別目的会社に譲渡され、VAIO ブランドと関連資産の一部が引き継がれるそうだ。

譲渡完了は7月1日の予定。

また、ソニーは、2月に発表したとおり、現在各国で販売中の2014年春モデルを最後に、PC 事業から撤退するが、販売済み商品のアフターサービスは継続する。

新会社(特別目的会社)の事業開始日は7月1日を予定し、会社名は「VAIO 株式会社」 (英語名: VAIO Corporation)、本社所在地は長野県安曇野市、出資金は10億円。