シマノセールスは、日本オラクルの中堅企業向け ERP 製品「JD Edwards EnterpriseOne」を導入し、販売・物流システムを刷新した。

シマノセールスは、自転車部品や釣具などを世界的に製造・販売するシマノの連結子会社。主に欧州やアジア、米国を含む約60か国向けに、自転車補修パーツの販売および国内向けの自転車部品販売を行っている。

同社は2011年9月に、自転車販売店やスポーツ総合店向けの EC サイト「Shimano Internet Purchasing System(SIPS)」を開始。同サイトの機能を向上させるため、販売・物流システムの改善が急務になっているという。また2014年12月期には受注・出荷情報の増加を見込んでおり、システムを刷新して処理能力を向上させることを決定した。

新販売・物流システムは、購買や販売、債権管理など同社の基幹業務を支援。自転車販売店やスポーツ総合店向けの自転車用品などの販売と、国外への補修パーツの供給も対象としている。新販売・物流システム周辺における Web 受注システムと倉庫管理システムは ETL ツールを活用して、円滑なデータ連携を実現した。

今回のシステム刷新により受注の一括投入や購買情報の一元化などが実現したことで、同社は業務効率が20%向上するなどの効果を確認しているという。