4月9日(日本時間)、マイクロソフトによる Windows XP のサポートが終了したが、4月9日以降も Windows XP を使用し続けた場合、どんな影響があるのだろうか。

ガートナー ジャパン主席アナリストでクライアントコンピューティング担当の針生恵理氏は、以下のような見解を述べた。

現在も Windows XP を使用している企業・組織の数は非常に多く、すべての企業組織には、何らかの形で XP が残っているだろう。病院などでは現在も Windows 95 マシンが数多く使われている。

グローバル全体で、サポート終了後も XP を使用するエンタープライズシステムの割合は20〜25%に上る。また、国内でも、サポート終了後も、20%以上の企業が主流の OS としてWindows XP を利用するだろう。

サポート終了後も Windows XP を使い続けた場合、システムのセキュリティリスクが高まるが、Windows XP 使用企業はできるだけ速やかに XP の使用中止プランを立てる必要がある。

また、XP マシンを使用するユーザーの利用制限を厳格化し、ホワイトリスト方式などのツールを採用し、XP マシンで「問題ないことが分かっている既知の」アプリケーション以外は実行しないようにする。同時に、XP マシンからのインターネット接続と電子メールの利用を最小限にする。
 
基幹アプリケーションとユーザーを、サーバーベースのコンピューティング環境に移行させる必要がある。ライセンスやコスト、キャパシティの問題でユーザーやアプリケーションを移行できない場合は、緊急時に備えて、サーバーアクセスできるようにアプリケーションをインストールする。