英国政府と公共機関に調達サービスを行っている英国政府機関「Crown Commercial Service」(CCS)は、Microsoft と交渉した結果、Windows XP 更新プログラムなどに関するサービス契約を取り付けたそうだ。

契約により、Windows XP のサポート期間(4月8日が最終日)が過ぎても、続く12か月間、Microsoft は英国政府機関に対し、Windows XP、Office 2003 に対する重要なセキュリティ更新プログラムを提供することになった。

Crown Representative for Software の Rob Wilmot 氏によると、英国政府はこの契約で、次の12か月間、2000万ポンド以上節約できるそうだ。