米国 Red Hat は2014会計年度第4四半期の決算を発表。同社が引き続き Linux サーバービジネスのリーダーとして、勢いを増していることを示した。

Red Hat の2014会計年度通期の売上は、前年比15%増の15億3,000万ドル。通期の純利益は、前年の1億5,000万ドルから増加して1億7,800万ドルとなった。

Red Hat は、2015会計年度の見通しも発表した。売上は2014会計年度から14%増加して、17億3,000万ドルから17億5,500万ドルの間になるとしている。

大口取引は引き続き売上高の多くを占めるものとなった。Red Hat CEO である Jim Whitehurst 氏は業績発表の席上で、第4四半期における上位30取引は、第3四半期同様どれも100万ドルを超える規模のものとなったと述べた。

「Red Hat は500万ドルを超える取引を合計7件以上成立させ、新たな記録を打ち立てた。7件のうちの2件は1,000万ドルを超えており、これも Red Hat の新たな記録となった」

この好調な売上を牽引したのは、同社のコアプラットフォームテクノロジーである Red Hat Enterprise Linux(RHEL)。だが、Whitehurst 氏は、ミドルウェア、仮想化、クラウドとの抱き合わせ販売が、大規模取引においては大きな役割を果たしていると強調した。

Whitehurst 氏によれば、第4四半期の上位取引の中で75%が、ミドルウェア、Red Hat Storage、OpenShift、OpenStack 技術を含むものだったという。

Whitehurst 氏はまた、Red Hat による抱き合わせ販売のアプローチは、金融サービス、政府機関、研究機関、メディア、通信、医療、運輸、小売など、様々な分野で成功を収めていると付け加えた。

OpenStack

Red Hat、2014会計年度第4四半期の決算を発表―「クラウドインフラ構築に対する需要は巨大なものだが、OpenStack の代替技術はそれほど多くはない」
Red Hat は、クラウドプラットフォーム OpenStack の商用化に注力を続けている。

「Red Hat は OpenStack の商用化実現に向けて、前進を続けている。ダウンロード数は増加しているし、試験的導入をする企業も増えつつあり、取引成立件数も増加している。Red Hat は、OpenStack の1日当たりのダウンロード数が3,000件を超え、多くの新規取引が成立することを期待している」

Whitehurst 氏は、OpenStack に関しては、多くの顧客がまだ初期導入の段階にあることに触れた。だが同氏は、Red Hat の上位取引に OpenStack コンポーネントが含まれる件数が増加していると述べた。

「Red Hat の上位5件の取引のうち3件までが OpenStack コンポーネントを含む契約だった。残り2件は OpenStack と OpenShift を含んでいた」

OpenStack の将来については、Whitehurst 氏は非常に楽観的だ。

「OpenStack に対しては、顧客からは非常に大きな関心が寄せられている。率直に述べて、これほどの関心の高まりは、Linux 以来どんな製品に対してもなかった。クラウドインフラ構築に対する需要は巨大なものだが、OpenStack の代替となる技術はそれほど多くはなく、IT 業界のほとんどが OpenStack の支援を宣言している」

Sean Michael Kerner
Sean Michael Kerner は、eWeek および InternetNews.com の主任編集者。